GitHubからソースのダウンロード

GitHubからソースコードをダウンロードする際に迷ったのでメモ。

個別のソースコードはダウンロードできないらしく、公開ソースのルートディレクトリから、右側の
"Clone or download" プルダウンから
"Download ZIP" をクリック
でダウンロード可能。

github-download.png


因みにこれは『ゼロから作るDeep Learning Pythongで学ぶディープラーニングの理論と実装』の公開ソースコードです。

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装
ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装
posted by へっぽ at 12:17 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Android データベースにアクセスする

Androidでデータベースにアクセスするには、次のクラスを用意する。

@SQLiteOpenHelper クラスを継承したヘルパークラス
Aアクセスしたいテーブルのエンティティクラス
Bデータベースにアクセスするクラス

次のようなテーブルにアクセスするという例。

データベース名: sample_data
テーブル構造:
idinteger
itemtext


@SQLiteOpenHelper クラスを継承したヘルパークラス


public class DatabaseOpenHelper extends SQLiteOpenHelper{

public DatabaseOpenHelper(Context context) {
super(context, "sample_data", null, 1);

}

@Override
public void onCreate(SQLiteDatabase db) {
ContentValues values = new ContentValues();
String sql = "create table sample ( id integer primary key not null, item text )";

db.execSQL(sql);
}

@Override
public void onUpgrade(SQLiteDatabase db, int oldVersion, int newVersion) {

}

}


Aアクセスしたいテーブルのエンティティクラス


public class ItemSample {

private int id = 0;
private String item = null;

public int getId() {
return id;

}

public void setId(int id) {
this.id = id;

}

public String getItem() {
return item;

}

public void setItem(String item) {
this.item = item;

}

}


Bデータベースにアクセスするクラス


public class DaoSample {

private SQLiteDatabase db = null;
private DatabaseOpenHelper dbHelper = null;

public DaoSample(DatabaseOpenHelper dbHelper) {
this.dbHelper = dbHelper;

}

/**
* idをキーにレコードを検索する
*/
public ItemSample findById(int id) {
Cursor cursor = null;
ItemSample itemSample = new ItemSample();

try {
db = dbHelper.getReadableDatabase();
cursor = db.query("sample", new String[] {"id", "item"}, "id = ?", new String[] {String.valueOf(id)}, null, null, null);
while (cursor.moveToNext()) {
itemSample.setId(cursor.getInt(0));
itemSample.setItem(cursor.getString(1));
}

} catch (SQLException e) {

} finally {
if (cursor != null) cursor.close();
if (db != null) db.close();

}

return itemSample;

}

/**
* テーブルにレコードを追加する
*/
public long insert(ItemSample itemSample) {
ContentValues values = new ContentValues();
values.put("id", itemSample.getId());
values.put("item", itemSample.getItem());

long rowId = -1;

try {
db = dbHelper.getReadableDatabase();
db.beginTransaction();
rowId = db.insert("sample", null, values);
db.setTransactionSuccessful();

} catch (SQLException e) {

} finally {
if (db != null) {
db.endTransaction();
db.close();

}
}

return rowId;

}

}
続きを読む
posted by へっぽ at 05:47 | TrackBack(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MPAndroidChartで描いた線グラフに、指定した値を強調する線(Limit Line)を引いてみる

MPAndroidChartで描いた線グラフで、Y軸のある値を強調した補助線を引きたいと思ったので、やり方をメモ。

ここで作成したMaingActivity.javaに、次の記述を追加する。
LineDataSet valueDataSet = new LineDataSet(value, "sample");
dataSets.add(valueDataSet);

// 追加ここから
// Limit Lineを設ける
YAxis yAxis = lineChart.getAxisLeft();
LimitLine ll= new LimitLine(250f, "This is a limit line");
ll.setLineColor(Color.MAGENTA); // Limit Lineの色
ll.setLineWidth(4f); // Limit Lineの太さ
ll.setTextSize(10f); // テキストサイズ
yAxis.addLimitLine(ll);

LineData data = new LineData(xValues, dataSets);
lineChart.setData(new LineData(xValues, dataSets));



するとこのような線グラフが描ける。

LineChartSampleWithLimitLine.jpg
posted by へっぽ at 01:21 | TrackBack(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする