[StarSuite Calc] 条件付書式の設定



Open Office の Start Sutie Calc条件付書式の設定方法です。
Excelとはほんの少し異なるので、慣れないうちは戸惑います。(^^;)

以下では、文字列『Error』が入力された場合に、文字列を赤くする動作を例に説明します。

@ツールバーの「書式(O)」→「スタイルと書式(Y)」をクリックします。
ショートカットキーはF11です。

A「スタイルと書式」ウインドウが開くので、空いている場所を右クリックし、さらに「新規作成」をクリックします。

B「セルスタイル」ウインドウが開くので、「管理」タブで、「名前(N)」欄に『文字を赤く』と入力します(実際は何でも構いません)。

C「フォント効果(C)」欄から「明るい赤」を選択します。

D「OK」をクリックします。

これで、書式が定義できました。
次に、セルに対して書式を設定します。

@設定したいセルにカーソルを合わせ、「書式(O)」→「条件付きの書式設定(O)」をクリックします。

A「条件1」チェックボックスにチェックを入れ、次のように入力します。
「セルの値が」「次の値に等しい」「"Error"」
「セルスタイル(C)」には先ほど定義した「文字を赤く」を選択します。

以上で、セルに文字列『Error』が入力されると、文字列が赤くなります。


posted by へっぽ at 20:09 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。