Apache2.2 BASIC認証設定手順

Apache2.2 で BASIC認証をするための設定手順

OS: Windows XP

1.パスワードファイルの作成 
  bin\htpasswd.exeを実行 
   
  コマンドプロンプトから、以下のコマンドを実行する 
  htpasswd -c [パスワードを記述したファイルのパス] [最初に登録するユーザ名] 
  例)htpasswd -c ..\conf\passwd user 
   
  パスワードを入力(2回)すると、パスワードファイルが作成される。 
  例のように実行した場合、conf\passwd ファイルが作成されている。 
  開くと「user [暗号化されたパスワード]」の形式でユーザが登録されている。 
  (unable update ...が出る場合は管理者として実行(Vista, Server2008の場合:コマンドプロンプト右クリック→「管理者として実行」))

2.httpd.confの設定変更 
  次の内容を追加する

   
   AuthType Basic 
   AuthName [サイトの名称] 
   AuthUserFile [パスワードファイルのパス] 
   Require valid-user 
  
 
  
posted by へっぽ at 17:04 | TrackBack(0) | Apache | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。