仮想環境の冗長化技術

仮想環境の冗長化技術には、大きく分けて、クラスタリング(およびそれによるフェイルオーバー)とライブマイグレーションがある。

フェイルオーバーは、物理サーバに障害が発生したときに、別の物理サーバに仮想環境を移して動作を継続するもの。

ライブマイグレーションは物理サーバのメンテナンスのためなどに、別の物理サーバに仮想環境を移して動作を継続するもの。

フェイルオーバーは計画外の停止、ライブマイグレーションは計画的な停止のために存在する。

例えばVMWareでは、フェイルオーバーの技術としてvSphere HAまたはvSphere FTが、ライブマイグレーションの技術としてvMotionがある。

vMotionとvSphere HA/vSphere FTの違い
http://blogs.vmware.com/jp-cim/2014/09/vsphere_kiso03.html

posted by へっぽ at 19:17 | TrackBack(0) | インフラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック