VMWare vSphere冗長構成

VMwareには可用性を高めるためのフェールオーバー機能があり、主に vSphere HA (High Availability) と vSphere FT (Fault Tolerance) のいずれかを使う。

・vSphere HA ・・・ ホストに障害が発生した場合、障害が発生したホストで稼働していた仮想マシンをシャットダウンし、同一クラスタに存在する別のホストで仮想マシンを立ち上げる。

・vSphere FT・・・ホストに障害が発生した場合、障害が発生したホストで稼働していた仮想マシンをシャットダウンせず、同一クラスタに存在する別のホストで仮想マシンを立ち上げる。


vSphere HAでは仮想マシンをシャットダウンするため、ダウンタイムが発生する。
一方で、vSphere FTはオンラインのままなので、データの損失やネットワークの切断が発生しない。より高い可用性が求められ、ダウンタイムを0にしたいときなどは、vSphere FTの導入を検討する。


http://blogs.vmware.com/jp-cim/2014/02/ha-ft.html

http://pubs.vmware.com/vsphere-60/topic/com.vmware.ICbase/PDF/vsphere-esxi-vcenter-server-601-availability-guide.pdf

posted by へっぽ at 23:49 | TrackBack(0) | VMWare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック