vSphere Data Protection

vSphere Data Protectionとは、vSphereのバックアップとリカバリのためのソリューションである。
vCenter ServerとvSphere Web Clientと連携し、vSphere Web Clientから設定・操作を行えるのが特徴。

バックアップは、仮想マシンファイルをデータストアから取得し、「デデュープストア」と呼ばれる領域に保管する。仮想マシンごとに世代管理ができ、長期間の保持に向いている。

デデュープストアは高度な重複排除機能を備えており、バックアップストレージを占める容量について、大幅な削減が可能となっている。
バックアップ時にはData Protectionが稼働しているESXiホストに負荷が集中する。ホストのパフォーマンスに影響を与えない様、バックアップのスケジュールは夜間や明け方にセットされることが多いだろう。

VMWare社員による解説
http://blogs.vmware.com/jp-cim/2014/09/vsphere_kiso06.html

技術概要
http://www.vmware.com/files/jp/pdf/vsphere/VMware-vSphere-Data-Protection-Overview.pdf

製品紹介
http://www.vmware.com/jp/products/vsphere/features/data-protection

posted by へっぽ at 01:34 | TrackBack(0) | VMWare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。