vSphere vMotion

物理サーバを遠隔地へ移動するのは非常に手間だが、対象サーバが仮想マシンだと、メニューから数クリックでできてしまう。
VMWareではvMotionと呼ばれるソリューションでこれを実現している。

vMotionとは、仮想マシンの電源をONにしたまま、別ホスト上へ移動させる機能である。
(仮想マシンが稼働している応対で移動することを、「ホットマイグレーション」と呼ぶ。)

vMotionの利用が想定される局面としては、
・ホストとなっている物理サーバにおいて、機器交換等のメンテナンスが必要になったとき
・一つのホストに負荷が集中しているため、該当する仮想マシンを別ホストに移し、負荷の最適化を図りたいとき
などで、さらに仮想マシンを無停止で移動させたい場合である。

なお、通常は対象となる二つの物理サーバの間に共有ストレージが必要だが、Strage vMotionという機能を使うことで、共有ストレージを持たない物理サーバ間でvMotionを行うことも可能である。


製品紹介
http://www.vmware.com/jp/products/vsphere/features/vmotion

VMWare社員による解説
http://blogs.vmware.com/jp-cim/2014/09/vsphere_kiso03.html

posted by へっぽ at 22:28 | TrackBack(0) | VMWare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック