vSphere DRS

vSphere DRSとは、(Distributed Resources Scheduler)の略。クラスタ内のリソース使用を最適化するための機能である。

DRSは次の二つのタイミングで動作する。
@新規マシンのパワーオンするとき
Aクラスタ内で負荷に偏りが生じたとき

@では、クラスタ内で自動的にリソースの空きをチェックし、負荷の少ないESXiサーバを、仮想マシンの起動するサーバとして選択する。

Aでは、負荷が集中したESXiマシンの仮想マシンを、自動的にクラスタ内の別のESXiマシンに、vMotionで移動する。

仮想マシンの台数が多くなると、人の目で仮想マシンを一台一台調べて判断することは不可能になる。DRSは@Aを自動的に(手動も選択可)に実行するため、仮想マシンの台数が多い場合に特に効果を発揮する。


製品紹介
https://www.vmware.com/jp/products/vsphere/features/drs-dpm

VMware社員による解説
http://blogs.vmware.com/jp-cim/2014/09/vsphere_kiso04.html

posted by へっぽ at 18:48 | TrackBack(0) | VMWare | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437944135

この記事へのトラックバック