可変長サブネットマスク

可変長サブネットマスクとは、サブネット毎に異なるサブネットマスクを利用するための技術。

全てのサブネットで同一のサブネットマスクを使ってしまう(固定長サブネットマスク:FLSM)と、IPアドレスの無駄が発生する。

可変長サブネットマスクによって、必要なIPアドレスの数によって異なる大きさのネットワークを作ることができ、効率的にアドレスの割り当てが可能となる。

posted by へっぽ at 18:41 | TrackBack(0) | 用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。