POP before SMTP

POP before SMTPは、POPと組み合わせてメール送信時の利用者認証を行う仕組み。

メールを送信する際は、メールサーバに対してSMTPでメールを送り、送信を要求する。
しかしSMTPには利用者認証機能がなく、迷惑メールに悪用されてしまうというケースが頻発した。
本来であればSMTPを拡張し、利用者認証を行うことが望ましいが(SMTP-AUTH)、普及が充分でない状態にある。

一方でメール受信の際に使用するPOPでは、必ず利用者の認証を行う。
メール送信前にメール受信を行い、POPによる利用者認証を行ったあと、一定期間内であればそのIPアドレスからのメール送信を認める、という手順が、POP before SMTPである。

メール送信前に必ず受信を行わなければならないことと、その後一定期間内でなければメール送信できないことなどから、メール送信できないという苦情が出るケースもある。

posted by へっぽ at 17:36 | TrackBack(0) | 用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック