DNS

DNS(Domain Name System)とは、ドメイン名やホスト名と、IPアドレスとの対応を管理する、世界中に広がったデータベースである。

コンピュータの一意性は、IPアドレスを用いることによって確保される。しかしIPアドレスは単なる数字の並びであり、人間にとっては理解しづらい。そこで人間にも分かりやすいように、意味のある名前をコンピュータに付けられるようになった。DNSはコンピュータの名前(ドメイン或いはホスト名)とIPアドレスを対応させるためのデータベースである。

ホスト名とIPアドレスの情報を管理し、問い合わせに応じてその対応を返せる機能を持つ機器がDNSサーバ。その逆に、ホスト名をDNSサーバへ送信することにより、対応するIPアドレスを得ることなどを行う機器を、DNSクライアントと呼んでいる。
posted by へっぽ at 23:42 | TrackBack(0) | 用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック