ゾーン転送

ゾーン転送とは、DNSサーバの設定を複製するために使われる手法である。

極めて重要なシステムであるDNSサーバは、冗長化されることが望ましい。とはいえ複数台のDNSサーバに同じ情報を手動設定することは煩雑であり、ミスも誘発しかねない。そのため、1台に設定したDNS情報を残りのサーバにも自動的に複製するために、ゾーン転送が用いられるのである。

コピーする元となるサーバをプライマリサーバあるいはマスタサーバ、コピー先となるサーバをセカンダリサーバまたはスレーブサーバという。

posted by へっぽ at 00:29 | TrackBack(0) | インフラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック