NAT

NAT(Network Address Translation)- ネットワークアドレス変換 - は、IPアドレスを変換する技術。

グローバルIPアドレスの枯渇ペースを和らげるために考案された技術で、プライベートアドレスからインターネットに接続できるようにすることを目的としている。

送信元アドレスを書きかえる方法をソースNAT送信元NATなどと言い、LAN環境からインターネットへ接続する際に用いられる。
反対に宛先IPアドレスを書き換える方法をデスティネーションNAT宛先NATなどと良い、インターネットからLAN環境のサーバにアクセスする際に用いられる。

posted by へっぽ at 12:21 | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441678981

この記事へのトラックバック