NAPT

NAPT(Network Address Port Translation)は、一つのグローバルIPアドレスを複数のコンピュータで共有する技術である。

NATと同様、IPアドレスを変換するが、IPアドレスだけでなくポート番号まで変換している点が特徴。そのため、複数のコンピュータから同時にインターネットに接続することを可能にしている。

家庭や企業等において、LAN環境の複数のコンピュータがインターネットに接続できるのはNAPTによるが、NAPTの機能を含めてNATと呼称するケースも多い。

尚、NAPTをLinuxにおいて実装したものをIPマスカレードと呼んでいる。

posted by へっぽ at 20:25 | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。