VirtualBoxでCentOSのインストール画面が真っ黒に

Windows7上のVirtualBoxでCentOSのインストールを開始したところ、画面が真っ黒になり、インストールが一切進まなくなった。

時間が経過しても、待てど暮らせどこの状態。
エラーメッセージも一切ナシ。

原因は、仮想マシン作成の際、OSのバージョンに
Red Hat(32-bit)
を選択していたため。

今回ホストOSとなるPCが32bit版だったので32bitを選択していたのだが、これがマズかった様子。

仮想マシンのOSバージョンを
Red Hat(64-bit)
に変更したところ、インストールが進むようになった。

因みにインストールに使ったisoはこちらからダウンロードしていた。
http://isoredirect.centos.org/centos/7/isos/x86_64/CentOS-7-x86_64-DVD-1511.iso
posted by へっぽ at 14:33 | TrackBack(0) | VirtualBox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック