NAPT

NAPT(Network Address Port Translation)は、一つのグローバルIPアドレスを複数のコンピュータで共有する技術である。

NATと同様、IPアドレスを変換するが、IPアドレスだけでなくポート番号まで変換している点が特徴。そのため、複数のコンピュータから同時にインターネットに接続することを可能にしている。

家庭や企業等において、LAN環境の複数のコンピュータがインターネットに接続できるのはNAPTによるが、NAPTの機能を含めてNATと呼称するケースも多い。

尚、NAPTをLinuxにおいて実装したものをIPマスカレードと呼んでいる。

posted by へっぽ at 20:25 | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NAT

NAT(Network Address Translation)- ネットワークアドレス変換 - は、IPアドレスを変換する技術。

グローバルIPアドレスの枯渇ペースを和らげるために考案された技術で、プライベートアドレスからインターネットに接続できるようにすることを目的としている。

送信元アドレスを書きかえる方法をソースNAT送信元NATなどと言い、LAN環境からインターネットへ接続する際に用いられる。
反対に宛先IPアドレスを書き換える方法をデスティネーションNAT宛先NATなどと良い、インターネットからLAN環境のサーバにアクセスする際に用いられる。

posted by へっぽ at 12:21 | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゾーン転送

ゾーン転送とは、DNSサーバの設定を複製するために使われる手法である。

極めて重要なシステムであるDNSサーバは、冗長化されることが望ましい。とはいえ複数台のDNSサーバに同じ情報を手動設定することは煩雑であり、ミスも誘発しかねない。そのため、1台に設定したDNS情報を残りのサーバにも自動的に複製するために、ゾーン転送が用いられるのである。

コピーする元となるサーバをプライマリサーバあるいはマスタサーバ、コピー先となるサーバをセカンダリサーバまたはスレーブサーバという。

posted by へっぽ at 00:29 | TrackBack(0) | インフラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。